【今週のデザイン】JAMMIN×mina family

2018.5.24 | CATEGORY :THIS WEEK COLUMN

山本です。
今週のmina familyさんとのコラボデザイン、皆さまもうチェックいただけましたでしょうか?

「子ども用車いす」を、さまざまなカタチの椅子と一緒に描きました。

エッジの効いた文字とのコントラストが、スッキリとシンプルな一枚です。
DLOPに、デザインのポイントを聞いてみましょう。

テーマは「子ども用車いす」ですが、それを知ってほしいのは、周りにいる大人たち。

スッキリした文字にしたこともそうですが、椅子もあえて誇張せずそのままを描き、大人っぽい雰囲気に仕上げました。
そうすることで、子ども用車いすのことを一番知ってほしい大人の人たちが手にとりやすいデザインにしています。

…そうなんです。スッとなじむ絵なのですが、よーく見ると子ども用車いすが描かれているので、「それ、何?」というところから、「あ、これね…」と会話の糸口が生まれるかもしれません!
オススメの1枚です。

今回のコラボTシャツ、mina familyサポーターの皆さんにも早速着ていただいています!
キッズサイズのライトブルーとネイビーをかわいく着こなしてくれているのは、キッズサポーターのRinちゃん。

…かわいい…♡キッズサイズも3サイズ、ご用意しています!

そして、こちらはmina familyさんのオリジナル肌着を製作されている、創業50年を超える子どもインナーウェア製造卸企業「ガロー株式会社」(大阪)の堀田社長さまと山田さま。

衣類のプロである堀田社長さまが、

3,000円でも赤字になるくらいの素材だよ。首元も伸びなさそうだし、恐らく洗濯してもすぐには型崩れしないよ。生地も厚手で、綺麗な白。すごく良い素材のTシャツだね!

と素材を褒めてくださったそうです!…うれしい!ありがとうございます。そうなんです、MADE IN JAPANの素材には、自信アリです!

(Tシャツをチェック!右の写真は、mina familyさんが開発・販売している子ども用肌着)

衣類の専門家の方にも太鼓判を押していただいたチャリティーTシャツ、販売は今週27日(日)23:59まで◎

…当初の目標金額だった10万円は、皆さまのおかげで無事達成しました!
引き続き子ども用車いす啓発のため、駅に貼るB2サイズのポスターの印刷・発送費用の10万円を集めています!
子ども用車いすをたくさんの人に知ってもらえるよう、ぜひ、この機会にチャリティーにご協力ください!

09design

様々なかたちのいすに混ざって、子ども用車いすが並んでいます。
皆それぞれ個性があり、違っているのは当然で、皆それぞれに素晴らしいところがあるんだよ、というメッセージを表現しました。

“It’s good to be different”、「(他と)違うことは、良いことだ」という言葉を添えています。

Design by DLOP

団体紹介記事はこちらから

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。