ABOUT US

JAM SESSIONが語源の「JAMMIN」。
一人ひとりが、それぞれの楽器で、もしくは手拍子で、ダンスで、歌声で、輪に加わってひとつの音を奏で、GROOVEを生み出すように。

社会をよくしたいと思う人の気持ちを、少しずつ・たくさん集めて、ちょっとだけ世界を変えていくチャリティーブランドです。

ファッションだから伝えられること

「エシカル」や「フェアトレード」という言葉は、ここ近年とても身近なものになりました。一方で「チャリティー商品」に対しては、「ちょっとダサい」「イベントの時しか着られない」といったイメージがまだまだあるのではないかと思います。

「チャリティーだから」ではなく、「カッコいいから」「モノがいいから」、商品を手にとってもらい、購入してもらう。

「そのTシャツ良いね、どこの?」、「あ、これね、JAMMINっていうところので、Tシャツを買ったらそのお金の一部がチャリティーされるらしいよ。このTシャツのデザインはね…」みたいな会話が生まれて、そこから「どういうことだろう?」「何でだろう?」と、チャリティーや社会問題に興味を持つきっかけが生まれてくれたら良いなと思っています。

NGO/NPOと毎週「1週間限定」でコラボ

JAMMINのもう一つの特徴が、毎週「1週間限定」で団体とコラボしていること。毎週、その週のコラボ団体とのオリジナルデザインを発表していますが、販売はコラボする1週間限定。

毎週新しいデザインを見てもらえる楽しさと同時に、社会に今どんな問題があるのか、どんなアクションを起こしている人たちがいるのか、どんな思いで社会に立ち向かっているのかをお伝えしたいと思っています。

まずは「知ってもらう」こと。私たちが大切にしていることの一つです。

MADE IN JAPANへのこだわり

JAMMINオリジナルのTシャツとパーカー・スウェット類は、すべてこだわりのMADE IN JAPAN。

チャリティーには「透明性」が求められます。でも、そのチャリティーを届けている私たちが、チャリティーの鍵になるTシャツがどこでどんな風に作られているのかがわからないというのは何かが違う。自分たちの商品に関しても透明にしたいという思いから、生地は愛知で編み、縫製は大阪や奈良で行なっています。

創業6年目を迎えて

2019年4月、JAMMINのサイトをOPENしてから丸5年が経ちました。

楽しい時、嬉しい時、しんどい時も、いつもJAMMINを応援してくださる皆さんに支えられてきました。コラボを通じて本当にたくさんの素晴らしい出会いにも恵まれ、日々少しずつ成長させてもらっています。

「チャリティーをもっと身近に」を合言葉に、これからも毎週様々な団体さんとコラボしながら、デザインにのせて、社会課題を発信していきます!

今、自分ができることを、少しずつ。

KEEP ON JAMMIN!



MEMBER

JAMMINのメンバーを詳しくご紹介しています。各メンバーページをご覧ください。

TAICHI NISHIDA

CO-FOUNDER

READ MORE

AKIHIRO HIDAKA

DESIGNER

READ MORE

MEGUMI YAMAMOTO

CONTENT EDITOR

READ MORE

MUGI

MORALE BOOSTER

READ MORE

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。