【THANKS】NPO法人発達わんぱく会より、御礼とメッセージをいただきました!

2017.8.11 | CATEGORY :PAST CHARITY

5月にコラボさせていただいた、児童発達支援を行うNPO法人「発達わんぱく会」。

皆さまよりお預かりした128,950円のチャリティーを入金し、発達わんぱく会理事長の小田さんよりチャリティーにご協力いただいた皆様に御礼とメッセージをいただきましたので、ご紹介します!

氏名:小田知宏
役職:理事長
略歴:愛知県生まれ。1997年東京大学経済学部卒業後、丸紅株式会社入社。2000年より株式会社コムスンにて関東支社長・障害支援事業部長として障害福祉に携わる。2008年株式会社コムスンの廃業に伴いスターティア株式会社に移り、執行役員社長室長などを歴任し上場企業の経営・マネジメントを経験。
障害福祉にかける情熱は衰えず、スターティア株式会社を退職して筑波大学および大学院にて科目等履修生として発達心理や言語聴覚などを学び、2010年にNPO法人発達わんぱく会を設立し理事長に就任。社会福祉士・保育士。

最近の活動

当法人の取り組みの一つである「開設・運営支援事業」によって、13か所目の療育施設が新たに開設されました。本事業の特徴は、運営する療育施設「こころとことばの教室こっこ」で培ったノウハウを同じ志を持つ方達に提供して、療育施設が不足している地域の子ども達に療育の機会を届けることです。
直営教室の拡大はもちろんですが、本事業を通じてひとりでも多くの子ども達に支援を届けたいと思っています。

実は法人を立ち上げて今年で8年目になるのですが、法人初の年次報告会の実施と年次活動報告書の発行を準備中です。年次報告会については、今回ご支援くださった皆様にもぜひご参加いただければと思っておりますので、よろしければこちらからお申込みください。

チャリティーの使途

今回皆様からいただいたチャリティーは、子どもが遊ぶ様子を見ながら、子育てに悩む保護者が発達の専門知識をもったスタッフに気軽に相談できるイベント「こどものひろば」の開催費用に充てさせていただきます。幼児期に受けるほどよいといわれている、発達障害に有効な療育支援に繋げるのがこのイベントの目的です。

今回いただいたチャリティー金額は、約13万円。1回あたりの開催費用が3万円で、1回あたり平均5組の親子が遊びに来てくださいますので、20組の子育てに悩む親子さんにこの機会を提供できることになります。

最新ニュースの発信

発達わんぱく会の活動情報は当法人のホームページ、Facebookなど各種SNSにてご覧いただけます。
Facebookでは各教室で子ども達が作成した素敵な作品を随時アップしていますので、ぜひフォローください。
また月に一度のメールマガジンも発行しているので、こちらも要チェックです!

■NPO法人発達わんぱく会 ホームページ

■NPO法人発達わんぱく会 Facebook

■NPO法人発達わんぱく会 twitter

■NPO法人発達わんぱく会 ブログ

■NPO法人法人発達わんぱく会 メールマガジン申込

皆さまへメッセージ

チャリティーアイテムをご購入頂き、誠にありがとうございました。
今回のようなチャリティー・イベントは、当法人の7年の活動の中ではじめて実施しました。はじめてのことばかりでしたが、多くの気付きを頂き、何より、こんなにも支援してくれる人たちがいたことに、感激しています。

たった1週間で、100名を越える方々に購入頂けましたが、私達のような歴史の浅いNPOは、1年間かけて100人の方にご支援いただくことが目標と思っていました。しかし、私が感じている以上に、多くの人が私達の活動を応援してくれていることに、はじめて気付きました。

頂いたチャリティー金額より、ずっとずっと大きな贈り物を頂いた気分です。
ご購入、本当に有難うございました。

いただきましたチャリティーを今後の活動にしっかりと活かします。子どもたちがのびのびと成長できる社会の実現を目指して、スタッフ一同で力を合わせて一生懸命取り組んでまいります。

今後とも私たち発達わんぱく会を、どうぞよろしくお願いいたします。

09design

発達障害を抱える子どもと親が、楽しく、そして自分らしく過ごせるようになって欲しい。

発達わんぱく会が主宰する療育教室「こっこ」をモチーフに、親鳥とひよこが未来を見つめる様子を描いたコラボデザインアイテムを、
2017/5/1~1週間限定で販売。
集まった128,950円のチャリティーを発達わんぱく会さんへ入金させていただきました!

団体紹介記事はこちらから

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。