【今週のデザイン】JAMMIN×CAPセンター・JAPAN

2020.3.12 | CATEGORY : THIS WEEK COLUMN

今日はあたたかいですね。山本です。

今週のCAPセンター・JAPANさんとのコラボデザイン、皆さますでにチェックしていただけましたでしょうか?
「あんしん・じしん・じゆう」の言葉をそのままデザインに落としこみました。

DLOPくんに、デザインのポイントを聞いてみました。

久しぶりの植物メインのデザインです。CAPプログラムをたくさんの方が受け継ぎ、暴力のない、やさしい社会が各地に広がっていく様子を”さまざまな種類の植物がめいっぱい成長している”というかたちで表現しました。

活動のあたたかさや優しさ、包容力だけでなく、体系立てられたプログラムの緻密さや専門性の高さを表現したかったので、あえて緻密に繊細に描いています。また「あんしん・じしん・じゆう」が、CAPプログラムとしっかりと密接に結びついている感を出すために”SAFE, STRONG, FREE”の言葉の上にあえて植物をかぶせたり間から見せるかたちで描き、自然かつ印象的なデザインに仕上げました。

すごく緻密に描いてたために、デザインがいつもの倍のサイズになってしまい、実は上下でデータを切り分けて仕上げ作業をしました(笑)

JAMMINとしては久々のボタニカルデザイン、繊細な雰囲気が確かに、とてもかわいいです!
CAPセンター・JAPANの皆さんも、早速今回のコラボアイテムを着てくださっています♡

…春を感じるとってもステキな着こなし!!!(✿˘艸˘✿)
ありがとうございますლ(╹◡╹ლ)

今回、事務所にお伺いして長谷さんと重松さんに「子どもへの暴力」についていろいろとお話をお伺いさせていただいたのですが、私が自覚はなくとも抱いていた「子ども」や「暴力」のイメージとは異なる、知らぬ間に力を奪ったり傷つけたり、そんなことがあったんだとハッと気づかされました。
本当に考えても思ってもみなかったことばかりで、目からウロコが100枚ぐらい剥がれ落ちた気分でした。

そしてこれは、何も子どもだけに限った話ではないと思いました。
自分のエゴのために誰かの「あんしん・じしん・じゆう」を侵害していないか・奪っていないか、自分自身の「あんしん・じしん・じゆう」は守られているか…、なんとなくふとした時に意識するようになりました。いつかプログラムを受けてみたい…!

個人的にもそんな気づきをいただいたCAPセンター・JAPANさんとのコラボ、チャリティーアイテム購入ごとの700円(キッズTシャツ/バッグ類は100円/700円から選べます)がCAPセンター・JAPANさんへとチャリティーされ、一人でも多くの人にCAPプログラムや予防教育のことを知ってもらうため、各地で公開講座を開催するための資金となります!

現在、目標金額15万円に対して56%のチャリティーが集まっています。
コラボアイテムの販売は、今週末3/15(日)23:59まで!

ぜひ、アイテム購入ででCAPセンター・JAPANさんの活動を応援いただけたら幸いです。

▼チャリティーアイテムの購入はこちらから

SHOP

09design

一本の木の枝から、いろんな種類の草花が元気いっぱい生えています。
子どもたち一人ひとりに個性や背景があって、皆それぞれが大切な存在なのだということ、また、周囲のおとなたちのさまざまな支援を受け、子どもたち一人ひとりが生き生きと輝く様子を表現しました。

「あんしん」「じしん」「じゆう」の言葉をストレートに描きました。

Design by DLOP

団体紹介記事はこちらから

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。