【三休便り】トラクターを入れて、畑を耕しました…!

2019.1.25 | CATEGORY :TODAY

こんにちは!山本です。

JAMMINが4月からOPEN予定の就労支援事業B型事業所「三休(さんきゅう)」。
年末〜年始にかけてチャリティーコラボをご支援いただき、本当にありがとうございました!

4月からは本腰を入れて農業をスタートできるよう、先日、畑になる予定地にトラクターを入れて土を耕しました。

ドドド…トラクターは大きなトラックで運んでもらいました。

トラクターを持ってきてくれたのは、頼れる先輩の辻くんです。

写真右が辻くん。左は、この日一緒に作業に来てくださった齋藤さん。

ハーブ栽培に取り組んでいる辻くんは、三休が具体的にかたちになる前から「障害のある人と畑をやりたい」という西田の話を「おもろいな!一緒に何かやろう!」とずっと応援してくれていました。
よっちに聞きましたが、よっちとは一緒にスケボーを滑っていたスケボー先輩でもあるそうです!
この日は1日、トラクターを動かしてくれました。

辻くん、京都の音楽シーンに詳しく、三休が「39(サンキュウ)の日」である3月9日に開催予定のイベント(詳細は決まり次第お知らせします!)にも関わってくれています。

お昼前、ちょうど私が畑を訪れた時は、トラクターが絶不調!

原因をあれこれ探ってみますが、わからず。
「埒があかんな」ということで、とりあえランチへ。

その間もずっと業者さんや農協さんに電話して不調の原因と解決法を調べてくれていた辻くんです。

ファミレスでお昼を食べてから、業者さんが来てくださって問題解決!

トラクター、本当にすごいですね。
カチカチでデコボコだった土が、トラクターがブーンと通るだけで、まるで羽毛布団のようにフッカフカに!感動。

こりゃあ、お野菜育つわ!と思いました。…気がはやいか(笑)

土を掘り起こしたせいか、鳥が一羽、ピピピ…とやってきて嬉しそうに土の上を飛び跳ねていました!感動。
これから、ここでいろんな命が息づき、つながっていくんですね…!

今週は、利用者さんを募集するためのチラシも完成!
↓こちらはその表紙。

いろんなところに配布していきたいと思っています。

さらに明日・土曜日には、7回目となる意見交換会が実施されます。
引き続き、地域の方たちと意見交換をしていきたいと思います…!

三休のホームページも仕事の合間に細々と改良を重ね、少しずつ皆さまに見ていただけるものになってきました。
まだ未完成の部分もありますが、ご覧いただけたらうれしいです。

・三休- THANK YOU!!! ホームページ

少しずつ、少しずつ。
皆さまの期待を胸に、三休の芽が花開く日を夢見て、着実に一歩ずつ、前へと進んでいます…!

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。