1/17(土)あなたは子どもの疑問にちゃんと答えられますか?ホームレスについて改めて考えてみるトークイベント

2014.12.22 | CATEGORY :EVENT / SEMINAR

Crib150117 timeline

《 JAMMIN crib ft.Homedoor 》
「crib」とは”くつろげる場所”という意味のスラング。JAMMIN cribeは、ほんの少しでも社会を良くしていきたいと思う人達が集い、リラックスしながら楽しんでもらえる。そんなイベントを目指しています。

コンセプト

「どうしてあんなところに人が寝ているの?」「なんでホームレスになっちゃう人がいるの?」そんな子どもからの素朴な疑問に、あなたはどう答えますか?

大阪梅田周辺でホームレス支援を行うNPO法人Homedoor。多数のメディア掲載、コンペでの優勝など、関西で最も注目を集める彼女たちが今回のゲスト。路上生活者を取り巻く現状を知ったり、私たちに何が出来るのかを探っていくイベント。

ゲスト

特定非営利活動法人Homedoor 事務局長 松本 浩美
2004年、12歳で釜ヶ崎を初めて訪れ、ホームレス問題を知る。以降、日本の貧困問題について関心を持つようになる。大学で社会起業を学ぶ傍らHomedoorの活動に参加するようになる。2012年秋、Homedoor理事に就任。現在、22歳。関西学院大学卒業。1992年 大阪市生まれ。

特定非営利活動法人Homedoor 営業マネージャー 小林 大悟 
西成生まれで幼少期から身近にホームレス問題に触れる。地元に貢献したい思いから、学生時代には釜ヶ崎とその周辺にある「山王こどもセンター」や「こどもの里」でスタッフとして活動に参加するなかで、より日本の貧困問題と深く関わっていく。大学卒業後、リクルート求人広告営業、機械メーカー営業を経て2014年10月Homedoorの営業マネージャーに就任。現在28歳。1986年 大阪市生まれ。

特定非営利活動法人Homedoorについて
「助けてと言える相手がいること」「手を差し伸べてくれる相手がいること」あなたに帰る場所がある時、それはとても些細で当たり前のことのように思えるかもしれません。その場所がなくなった時、あなたは同じことを言えるでしょうか。

誰しもがほんの小さなきっかけでセーフティネットの穴に落ちてしまうことがあります。怠けていたから「ホームレス」になった人ばかりではありません。

人生のある局面で失敗したとしても何度でもやり直すことのできる、すべての人にとって優しい社会をNPO法人Homedoorは目指しています。望まずして路上で朝を迎える人がいない社会、そしてホームレス状態を生み出さない日本をつくることが私たちの使命です。(Homedoor HPより)
http://www.homedoor.org/

こんな方にオススメ

・日本の貧困問題に興味・関心がある方
・将来ソーシャル業界で起業・創業を考えている方

プログラム

・特定非営利活動法人Homedoorの概要紹介
・トークセッション
・ゲストと参加有の交流会

開催要項

日時:1月17日(土)16:30 受付開始
   17:00スタート 〜 19:00終了予定

参加費:1dr付き¥500(当日受付にて徴収)

開催場所:poolbar and shop「diggin」
 〒610-0343 京都府京田辺市大住池ノ谷45-1
 (最寄り駅:JR学研都市線「大住駅」徒歩5分)

 アクセスはdgginHPの最下部を御覧ください。 http://diggin.co.jp/

申込方法:
facebookのイベントページで「参加予定」として頂く
②info@https://jammin.co.jpへ、タイトル:1/17イベント参加希望、本文:参加者全員のご氏名をメール頂く

定員:スペースの関係上、20名程度とさせて頂きます

お問い合せ:info@https://jammin.co.jp JAMMIN(高橋・西田)

その他

【主催】JAMMIN 
京都発のチャリティー専門ファッションブランド。2014年4月のオープン以降、10月までに約30団体とコラボレーション。累計で100万円を超えるチャリティーを集める
https://jammin.co.jp/

【協力】poolbar and shop「diggin」
JAMMINと同じ建物内にある11/8オープン予定のビリヤードスペースのあるカフェ・バー。”WE ARE CHILLING EVERYTIME” 全力で遊び・全力でリラックスする空間”DIGGIN”
http://diggin.co.jp/

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。