今週のアイテムはあるLGBTに関連する手話がモチーフ。そこに込めた想いとは?

2014.10.6 | CATEGORY : MAGAZINE

06 sign language

今週のチャリティーテーマはLGBT(性的マイノリティ)。
毎週新作をリリースするJAMMINでは、さりげなく自分の主張を伝えられるスタイルを提案しています。

INDIVIDUALで描かれている手話とは?

今週の新作にも、もちろんメッセージがあります。今週のアイテムINDIVIDUALの手はある手話がモチーフになっています。

手話の動き
出所:ろうLGBTセンターHP

実際の手話はこんな感じです。写真左から写真右への手の動きで「セクシュアリティ」という意味を表します。セクシュアリティとは「からだの性別、こころの性別、女・男らしさ、恋愛対象などを含めた性全般のあり方」を表しています。

ちなみに、上記のHPには「セクシャリティ」以外にもLGBTに関する様々な手話が乗っていますので、興味がある方は是非覗いてみてくださいね。

なぜ「セクシュアリティ」という手話をモチーフにしたのか?

セクシュアリティには性的な好みや性的振る舞いという意味もあります。SEXや性欲とかそういう文脈です。しかし、私たちはそういう性の一面を言いたい訳ではありません。

私たちが表現したかったのは多様な性のあり方を尊重したいという気持ち。一緒に描かれているテキスト部分のINDIVIDUALは「各々の」という意味です。手話とテキストを組み合わせることで、このアイテム・手話を知った人が多様な性のあり方を考えるきっかけにして欲しい。そんな想いを込めています。

最後に

いかがでしたでしょうか?例えば、賛同する気持ちを表現したいと思っても、「LGBT」「GAY OK!」と前面に描かれていると「ちょっと重たいな・・・」「ハードル高いな・・・」と思ってしまうかもしれません。

ぜひ、今週のアイテムを通じてさりげなく自分の気持ち・主張を表現してみてくださいね!こちらの記事で今週のチャリティーで出来る事もご紹介していますので、是非あわせてチェックしてみてください。

セクシュアリティの手話がモチーフとなったアイテムはこちらから

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。