少しでも減らしたい!障がいに対する差別があると考える人は約9割も存在

2014.5.23 | CATEGORY : MAGAZINE

140523障がいデータ

データは少し古いのですが、内閣府の調査(障がいを理由とする差別等に関する意識調査、平成21年度)によると、障がいを理由とする差別があると思うか?という質問に対して、あると思う、少しはあると思うが合わせて、約9割も存在するとのデータが公表されています。さらにこの調査。もう少し内容を深めてリサーチしてくれています。やるじゃん!内閣府。

それらの障がいによる差別が意識的か、無意識的に行われているかも聞いてくれています。その結果は以下。

140523障がいデータ2

結果を見ると、無意識で行われていると考えている人は、約7割も存在。ここでいう無意識=自然とそうしている、ということのはず。自然とそうすることは、今までの行動の積み重ねのはず。その自分の行動を変化させるような経験・きっかけが少ない、というのが問題の一つとして考えられます。まだまだ課題が多い障がい福祉の分野。今後の意識調査の推移も要チェックです。

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。