社会貢献で生きていく!その勇気を持てない人にオススメの書籍3選

2014.4.25 | CATEGORY : MAGAZINE

NPOへの就職、社会的課題を解決するための起業など、誰かのために働いていくってかっこいい。そういうことに挑戦してみたいけどなかなかその一歩を踏み出せない!という方も多いのでは。

NPOの給料や待遇など、まだまだ民間企業と比較すると見劣りするのは事実。私たちJAMMINは、民間企業としてその一歩を踏み出しましたが、正直起業までに色々悩みました…。そんな時、私たちも参考にした、先輩たちの考え方が学べる書籍をご紹介したいと思います。

「チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える」 渡邊 奈々 (著)、日経BP社

世界中で活躍するNPO/社会起業家へのインタビュー集。先進的な取り組みをグローバルな視点からピックアップ。リーダーとしての考え方、どういう視点で社会問題を見ているのかなど、新しい気づきを与えてくれます!とにかく載っている人たちがカッコいい!

「“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実戦ガイド 「20円」で世界をつなぐ仕事」 小暮 真久(著)、日本能率協会マネジメントセンター

先進国でのカロリーオーバーな食事と、食糧が足りない途上国という2つの問題を一気に解決する素晴らしいビジネスモデルをもつNPOTABLE FOR TWO。創設者である小暮氏が、どうしてそのビジネスを作ろうと思ったのかがわかりやすくまとまっています。
彼が目指すのは、かっこよく働けるNPO。おしゃれなオフィス(事務所は六本木!)、民間企業と劣らない給料など、新時代のNPO像を作ってきた彼の考え方や経験が学べる一冊です。

「裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)」 山口 絵理子(著)、講談社

世界で最も貧しい国のひとつ、バングラデシュ。そこで生産したバックを先進国でも通用する品質まで高め、持続的な途上国の問題解決を目指すバッグメーカーマザーハウス。創業者の猪突猛進的?だけど、飾らない人柄が伝わる一冊。マザーハウスを創業するまでの行動力凄すぎです。

いかがでしょうか。私たちが読んだことがあるものを中心にご紹介しましたが、NPO・社会起業家に関連した書籍はまだまだたくさんあると思います。「NPO・社会起業といえばこの本でしょ!」というのがあれば、JAMMINのfacebookページにメッセージを頂ければ嬉しいです!

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。