CHARITY FOR

学び舎を通じて、「自分で考えて生きられる力」を養う〜侍学園 スクオーラ・今人

内閣府発表の統計によると、ニートや引きこもり等の若者(15歳〜39歳)の無業者数は75万人。15〜34歳人口に占める若年無業者の割合は、2.1パーセントに及びます。(平成28年版 子ども・若者白書より)

そんな中、若者たちが自分の殻を破り社会と関わりを取り戻すための「本当の自立」を目指す学校があります。その名も「侍学園」(通称サムガク)。

自著「サムライフ」が映画化もされた理事長の長岡さんにお話をお伺いしました。

161219-thisweek01

侍学園 スクオーラ・今人理事長の長岡秀貴さん。

今週のチャリティー

NPO法人侍学園 スクオーラ・今人

元高校講師と4人の若者が作り上げた、「自らの進むべき道を探すための学び舎」。長野県上田市を本拠地とするNPO法人です。

「学びや新しい自分との出会いを求めるすべての人々のための学校」を設立趣旨とし、年齢無制限で生徒を受け入れています。

生徒たちを特別扱いしない。共に生活するなかで、社会に必要なルールを身につけてもらう

yammy-icon
全国にはいろいろな若者の自立支援の団体がありますが、侍学園の特徴について教えてください。
“長岡さん"/
侍学園には、現在、15歳から43歳までの生徒たちがいます。いわゆる「社会参加不全」で仕事が続かない、うまくいかない、人と接するのが苦手といった生徒たちの自立支援を行っています。

現在、長野県上田市にある上田本校と、東京の渋谷にある東京校、沖縄の南風原町にある沖縄校の三つの校舎があります。

上田本校には、生徒たちが親元を離れて生活するための寮があります。

学校というスタイルをとっているので、支援団体のなかでは少し変わっているかなと思いますね。

161219-thisweek02

2016年に開校した沖縄校の前で、東京校・沖縄校のスタッフと記念撮影。後列右から3人目が長岡さん。

yammy-icon
「学校というスタイルが他とは違う」ということですが、どうして違うスタイルをとられたのですか?
“長岡さん"/
23年前、二十歳のときにいろんなフリースクールや支援施設を見に行きました。
でもね、違和感しかなかった。

「いいのよ、あなたは今のままでいいのよ。」そういって慰めたって、その子も25歳になり、30歳になる。

ずっとそのスクールに居続けるならいいんです。でも、いつかは社会には出て行かなきゃいけない。「今のままでいいのよ」って言って何も変わることがなければ同じことを繰り返しますよね。
それでは本当の意味での支援ではないと僕は思うんです。

うちの生徒は、別にかわいそうなんかじゃない。特別でもない。ただ、他の人たちと少し違うだけ。

生きていくうえでは、守っていかなきゃいけないルールがある。ルールがあるから、犯罪も最小限に抑えられ、明日も生きていく保証がある。

自分勝手にやってもいい、ということではないんです。

僕らの学校は「共育」、共に育むことを理念に掲げていますが、「今のままでいいのよ」、「変わらなくていいのよ」ではなく、教える立場も教わる立場も人として本気でぶつかり合うなかで、社会に出てから本人が自立して生きていける力を身につけていくことができる場を提供したいと思っています。

だから、規律に従って生活し、社会に出て生徒が困るようなことは、あらかじめ「ダメだ」ときちんと話しておくことも、僕らの重要な役割です。そのための「学校」というスタイルです。

161219-thisweek03

上田校の校舎。現在30名程の生徒が通う。

学園生活を通じて、生徒たちは見た目も、考え方も変わっていく

yammy-icon
生徒の方たちは侍学園での生活を通じて、考え方だったり、人との接し方が変わってくるんでしょうか。
“長岡さん"/
そうですね。見た目なんて、ものすごく変わりますよ。
寮生活では起床時間、就寝時間を守って、毎日規則正しく生活し、授業のなかで体作りも取り入れているしね。

161219-thisweek04

毎年恒例の「炎の遠足」。42kmを全員が完歩しました。

“長岡さん"/
うちは減薬・断薬という考え方ですが、投薬はやはり太ってしまいますから、ここにきて36キロ減量した生徒がいますよ。
yammy-icon
36キロ!すごいですね。
“長岡さん"/
学園での生活を通じて、それまで自分で精一杯だったのが、だんだん自信がつき、意識が外に向いていく。

そうすると、外見とか異性ももちろん意識するようになります。

だからね、うちの授業では性の話もするし、エチケットの問題、たとえば鼻毛とかムダ毛の処理、体臭とか、あと女性だったらメイクの仕方とか、ヘアースタイルのセットなんかも教えてるんです。

…だって、今までずっと家の中に居たら知らないし、誰も教えてくれないでしょう?

yammy-icon
ええ!!それはすごいですね。そうか…そんなことも含めて少しずつ、社会に出て自立して生活する準備をしていくんですね。とても実用的ですね。

161219-thisweek05

授業のグループワークの様子。

yammy-icon
本人が変わってきたときに、親も子の変化を受け入れ、協力していく必要があると思うのですが。
“長岡さん"/
もちろんそうです。うちでも保護者会や学習会には保護者は参加してもらうようにしています。ご家族への支援が必要なケースもあります。

社会参加不全の背後には、家庭の経済的貧困が潜んでいることが多いです。

経済的貧困・社会的貧困は、支援団体と出会うことさえできれば行政支援や福祉支援を受けることができる。

でも、僕たちが「文化的貧困」とよぶ貧困があって、要はその家庭内だけで理解されているような文化ね、ネグレクト(育児放棄)とか家庭内暴力とかです、これはなかなか表層化しないし、相談場所もなく孤立しやすい。

こういうケースは、まずは親を支えながら、子どものサポートをする必要があります。

さらに、この問題は子を家庭乖離(かいり)しないことには、解消できない。

侍学園の寮では、規則正しい集団生活を送るなかで、社会性を学び、文化形成をします。
そうすると、徐々に気づくんだよね。「もしかして、うちはおかしかったんじゃないか」と。本当にみんな、変わっていきますよ。

yammy-icon
そういう意味では生徒たちにとって家庭のような役割もされてるんですね。

「学び舎って、すごく良いものなんだ」ということを、生徒の体に刻んでもらいたい

yammy-icon
みんな自由にしていいよ、ではなく学校スタイルをとられているのは、規律に沿った学園生活をするなかで社会性を身につけてほしいという意図からということですね。
“長岡さん"/
あとね。学校に対して、あまりいい思い出がない生徒が多い。
でもね、「学び舎って、すごくいいんだぜ」ってことを、侍学園で学ぶ生徒たちに知ってもらいたい、体に刻んでほしいっていう思いもあります。

社会参加不全の人たちのなかには、人に委ねたり、助けてもらったりすること自体を悪だと思っている人たちもいます。

そうじゃなくて、つらいときは人に頼ってもいいんだよ、ちゃんと助けてもらえるんだよっていうことを、学園生活を通じて感じてほしいと思っています。

161219-thisweek06

カリキュラムの一つとして農業の時間も充実。自分たちが食べるお米のほか、学園前の農場では10種類以上の野菜を作っている。

他人との生活のなかで小さな成功体験を積み重ねることが、生徒の自信になる

yammy-icon
素朴な疑問なんですが、自宅に引きこもりがちになったり、人とうまく接することができなかったり、それで過ごして来たんだとしたら、そもそも学校に通うだとか、ましてや皆で寮生活なんてとても難しいと思うんですが…。
“長岡さん"/
そりゃそうです(笑)。だって、YAMMYさんもいやでしょう?
今日から赤の他人と一緒に暮らすってなったら。
yammy-icon
いやですね…というか…無理ですね。
“長岡さん"/
だから、彼らはとてもすごいことをやっているわけなんです。

一緒に生活をする。ご飯も自分たちで作る。そんななかで小さな「成功体験」を積み重ねて、少しずつ社会性を身につけているわけです。

yammy-icon
なるほど。具体的にどんな「成功体験」なんでしょうか。
“長岡さん"/
一緒に寮生活を送っていると、生活訓練のために炊事なんかもうちは自分たちでやりますから、いやでも会話しますよね。

最初は「まな板とって」とか「タマネギ切って」、「じゃがいも剥いて」とかね。最初はそういう生活言語でいいんです。最低限の言葉のキャッチボールでいい。

そんな中から「誰かに必要とされているんだ」とか、僕たちは「自己効力感」って呼んでるんだけど、「自分が存在することで誰か他人に影響がある」ということを少しずつ感じていくことで、集団のなかの一人であることも意識するし、自信もつけていく。

161219-thisweek07

寮での夕食作りの様子。日替わりの夕食当番を決め、当番が寮生分の食事を作ります。

yammy-icon
自分が作ったご飯が食卓にそれがのぼったら、確かに「これ、自分が作ったんだ」って、成し遂げたっていうと大げさですけど、実感できますね。
“長岡さん"/
そう。それでさらっと「ありがとう」とか「おいしい」と言われたりね。

家庭だと、なかなかそうはいかない。だって、わざわざ夕食の準備したりしないでしょ。他人同士一緒に生活しているから、ルールを守って生活できるところもある。

赤の他人との生活のなかで、コミュニケーションに対する恐怖心も軽減されていきます。

yammy-icon
最初慣れるまではすごく大変じゃないですか?
“長岡さん"/
そうですね。でも、生徒たちもみんなわかってるんです。努力なくして感動は生まれない。しんどいことのほうが、後々思い返すと思い出だったりね。

やり続けることで初めて、達成感を味わうことができる。

yammy-icon
あとは、受け入れるスタッフの方もかなり神経を使うのではないかと、お話をお伺いしながら思ったんですが…。
“長岡さん"/
スタッフのみんなは、パッションを持ってやっています。

ほとんどみんな始めたときは素人だし、笑顔で楽しそうにやってるんだけど、実際は365日、無力感を味わったり失敗の連続で、本当にしんどい仕事です。みんな本当にがんばってくれている。

良い職員に恵まれているなと感じます。

161219-thisweek08

学園祭のワンシーン・生徒発表の本番前の様子。スタッフ、生徒も一丸となって気合を入れます。

卒業式は、サムガクに携わる全員にとって最高で感無量の1日

“長岡さん"/
うちの卒業式ってね、自分でいうのもなんなんですけど、本当に良いんですよ。

侍学園では、在学期間を設けていません。生徒が卒業したいと思えば、スタッフに申し出ることができます。

でも、卒業のハードルは低くない。1月の終わりの職員会議で認定がおりなければ、卒業することはできません。
卒業にあたっては、2つの要素で生徒を判断します。

ひとつは、「経済的自立の可能性」。在学中に6ヶ月以上の就労をしていることが条件です。

もうひとつは、「精神的自立の可能性」。社会に出て行く訳なので、他人との接触で大きな問題はないかを判断します。

yammy-icon
ハードル高めですね。
“長岡さん"/
そうですね。中途半端にここを出ても、戻ってこられないですから。しっかり「自分で生きる力」を身につけて社会に出て行ってほしいので、厳しい判断基準を設けています。
yammy-icon
その基準をクリアできて、晴れて卒業となるんですね。
“長岡さん"/
卒業する生徒たちの、入ってきたときと比べられないほど見違えるような姿を見てもそうだし、スタッフたちにとっては「よかったな」、「変わったな」って実感できる。

卒業式のその1日で、スタッフたちのそれまでの364日が報われる。そんな日です。本当にもう、言葉にできないぐらい感無量なんです。

161219-thisweek09

卒業式の様子。昨年度は5名の生徒が卒業を果たした。

yammy-icon
そうなんですね…大変な時期を一緒にすごしてきたからこそ、思いも強いんでしょうね。聞いているだけで感動です。
“長岡さん"/
「自己効力感」の話をさきほどしましたけど、侍学園に入った生徒たちがみるみる見違えて卒業していく。

スタッフたちにとっても、自分が誰かを変えることに携われたんだという「自己効力感」を感じる日こそが、卒業式なんです。

「自分で考えて生きられる力」を身につけてもらうことが、侍学園の使命

yammy-icon
活動を続けるために、バイタリティーやモチベーションがすごく大切だと思うのですが、その辺をお伺いしても良いでしょうか。
“長岡さん"/
生きる目的って、幸せに生きることだと思うんですね。不幸を目指して生きていく人なんていないでしょ?

「何が自分の幸せか」に気づき、「幸福を感じられる時間をどれだけ増やすか」、そのために、僕らができる提案をしていく。

そして、侍学園を通じて「自分で考えて生きられる力」を身につけて欲しいと思っています。

 

yammy-icon
長岡さん自身のことをお伺いしたいのですが、その原動力はどこから来ているのですか?
“長岡さん"/
16歳のとき、原因不明の半身麻痺になりました。僕の人生は、その時で一旦おわりになってるんです。

以来、やるかやらないか、自分が生き続けて動いている限りは、人様のために時間を使いたいと思ってきました。

でもね、そうやって生きてきたから、今日まで生きながらえているんです。僕自身も幸せですしね。そんな姿を生きるモデルとして見せていきたい。そんな思いもあります。

16歳で絶望を経験したとき、死から生を見たんですよね。
生徒たちが、生から死をみて不安に思うのは当然で、でもね、死から生を見たときに、また違ったふうに見えるんだよってことを、経験者として伝えて生きたいとも思います。

チャリティーは、新しい寮の建設費になります!

yammy-icon
今回のJAMMINコラボのチャリティーの使途をお伺いきますか。
“長岡さん"/
2016年の12月1日に新たな生活訓練の場である新寮の建設に着工しました。
基礎土台作りがもう始まっています。見切り発車といいますか(笑)…。

現在寄付集めのためのファンドレイジングもやっていますが、チャリティー金額はその建設資金として使わせていただきます。

yammy-icon
わかりました。少しでもお手伝いできればと思います。本日はありがとうございました!

161219-thisweek10

2016年12月15日寮建設地にて地鎮祭の様子。この場所からまた新たな出会いが生まれ、若者の未来がスタートする場になるように、願いを込めて。

YAMMY

インタビューを終えて〜編集後記〜

文字量の関係で今回の記事には掲載できませんでしたが…、今後のビジョンや取り組みについても熱く語っていただきました。長岡さんはとても気さくで、にじみ出るあたたかさと強いポジティブなオーラに溢れた方で、まさにこれぞ「カリスマ」という言葉がぴったりな方でした。

「侍学園 スクオーラ・今人」の「今人」は、ジョン・レノンの名曲「イマジン」が由来。この歌のなかで歌われる「すべての人たちが平和に生きる世界」を今から作っていく人々を育成する学校、という思いを込めたのだそうです。

ジョン・レノンは歌います。
「みんなが幸せで平和な世の中なんて、「そんなの夢の世界の話だ」って君は言うかもしれない。けど、いつか君も加わってくれたら 世界はひとつになるんだよ」と。

「侍学園」、正にその名の通り、時代をよくするために立ち上がった彼らの取り組み。この輪にあなたも加わり、「イマジン」の世界を作っていきませんか。

寮の新設に向けて、ご協力お願いします!
侍学園 スクオーラ・今人のホームページはこちら

161219-01
09design

並んだ個性豊かなペンと、一本の刀。個性豊かなペンは、侍学園に通う一人ひとりの生徒の個性を、「侍」から連想した刀は、刀ではなく志で世界を変えた侍たちの強い意志を象徴しています。

“EVERYDAY IS A NEW DAY.” 今日は、人生の新たな1ページ。
「スタートラインは、毎日やってくる」という侍学園が以来掲げている言葉からヒントを得たメッセージを添えました。

Designed by DLOP

チャリティー商品一覧はこちら!

logo-pckk

SNSでシェアするだけで、協賛企業より10円が今週のチャリティー先団体へ届けられます!
Let’s 拡散でチャリティーを盛り上げよう!

<協賛企業について>
「未来をつくるプロデューサー」パシフィックコンサルタンツ株式会社。
60年の歴史と1,600人を超えるプロフェッショナルが、地域や社会の未来に貢献しています。
会社ホームページはこちら: www.pacific.co.jp

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。