CHARITY FOR

NPO法人ファザーリング・ジャパン関西

夫婦がずっといい関係であるために

150615-00-10

夫婦共働き世帯が増えている今の日本。更にたくさんの女性が社会に出て活躍する。そんな社会がすぐそこまで来ています。

女性が社会に関わる時間が増えると、夫婦の暮らしぶりは大きく変化します。以前のように良好な家族関係を築いていくにはどうすればいいのでしょうか? 例えばひとつのアイデアとしてあるのが、育児休暇。しかし、子どもをもつパパのうち取得したいと考える比率は約3割いますが、実際に取得できているのは約3%に留まっている、という調査結果もあります。今週はこれからの家族のあり方を考えていくきっかけとして「パパのライフスタイル」に注目していきます。

社会に、イクメン力を。|厚生労働省

パパたちによる、パパのための活動

活動内容

Aさんのケース:ある日仕事から帰ると、家に妻と子どもがいなかった。日々の忙しさに疲れ、妻は子どもを連れ実家へ帰ってしまった。

Bさんのケース:家に帰ると妻が泣きながら、子育ての大変さ、自分が孤独であることを訴えて来た。

このようなことが起きないようにするのは、どうしたら良いのでしょうか。具体的なアクションを提案しているのがNPO法人ファザーリング・ジャパン関西です。

150615-00-11

具体的な活動には、子どもへの本の読み聞かせのコツや、ごはんやおやつの作り方など、従来はママが担うと思われがちなアクションを、パパたちに向けて提案。それだけでなく、パパの働き方や子育てのヒントになる講演やセミナーを開催しています。

150615-00-16

活動を始めたきっかけ

そもそも、”ファザーリング”とは、仕事も育児も両立しながら、父親であることを楽しむ生き方のこと。彼らは「父母で役割を分けてしまう社会の価値観を変えたい」という想いで活動しています。

そして、代表を務める篠田厚志さん自身も、8歳の長男と6歳の長女、生後10ヶ月の次男を育てるいわゆる”イクメン”の1人です。篠田さん自身も前職では大阪府の人事を担当する部署に勤務していました。異動などが多い2〜3月には、子どもが起きている姿を見ることが出来ないほど、忙しい日々を送っていました。

当時、育児休暇から復帰しようと考えていた篠田さんの奥さんからは「この忙しさはいつまで続くの?」「また仕事に行くの?」と言われたことがあったそうです。

篠田さん自身は、幼少期に父親と触れ合う機会が少なかったこともあり、忙しい日々を抜け出すために心機一転、息子さんとヒッチハイクの旅に出ます。その時に感じた「子どもと心から向き合って見える楽しさ」を他のパパにも味わって欲しい!という想いがきっかけとなり、今日も活動を続けています。

イクメンはパパの人生の一部。パパ自身が主役の人生を

“イクメン=家事や育児を手伝う優しいパパ像”という視点で彼らの活動を紹介するメディアは増えています。しかし「イクメンはパパの持つある一面でしかない」と篠田さんは話します。

子育てに関わる一人ひとりが、自らのライフスタイルをコントロールし、人生を「主人公」として楽しみ、胸を張って次世代を迎え入れられる社会の実現を目指しています。(ファザーリングジャパン・関西ホームページ)

ファザーリング・ジャパン関西のビジョンは、夫婦の役割を見直しましょう!というだけではありません。パパが自分らしい人生を歩める。そして仕事をしながら子育てに参加したいと考えるパパが、それを実現できるようになる。その結果として、みんなが幸せな人生を送って欲しいというメッセージを伝え続けています。

150615-00-13

もっと自分らしい生き方をするパパが増えるように

チャリティーの使途

NPO法人ファザーリング・ジャパン関西では、「パパティーチャー」という活動を展開しています。家庭という枠を超え、大学などの学校教育の現場で、パパが子育てから得た知識や経験を、社会の中で共有して欲しいとの考えから、パパが赤ちゃんと一緒に先生役をする活動をしています。それには、若者へのライフスタイルの提案と、パパの学びを体系化するという目的があります。

教育現場で活動するためには参加者から利用料をもらう訳にはいかず、自費で活動しています。1回の授業開催のための費用は約5万円。今週のチャリティーは、このようなパパが活躍する場を増やすための費用として使われます。

150615-00-14

これから

いつかのCMの歌詞に「昼間のパパはちょっと違う」というのがありました。時代背景もあったとは思いますが、仕事をしている姿は家にいる時と違ってカッコいい。そんな意味があるような気がしてなりません。

これからのパパは、仕事と同じぐらいパパであることを楽しみ、家族みんなが幸せになる。そんな姿こそがカッコいいという時代が来るのかもしれませんね。

150615-00-12
(NPO法人ファザーリング・ジャパン関西代表の篠田さんご一家)

基本情報

法人名:特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン関西
活 動:「笑ろてるパパがええやん!」を合言葉に、笑いの本場関西から「笑っている父親」を増やし、社会をおもろく変えていくことを目指す非営利法人。
住 所:兵庫県宝塚市仁川北2-1-8-101
H P:http://fjkansai.jp/

NGO/NPO担当者からのメッセージ(チャリティーの入金報告)

GIFTED ¥109,200 CHARITY NPO法人ファザーリング・ジャパン関西(6/15〜6/22)

logo-pckk

SNSでシェアするだけで、協賛企業より10円が今週のチャリティー先団体へ届けられます!
Let’s 拡散でチャリティーを盛り上げよう!

<協賛企業について>
「未来をつくるプロデューサー」パシフィックコンサルタンツ株式会社。
60年の歴史と1,600人を超えるプロフェッショナルが、地域や社会の未来に貢献しています。
会社ホームページはこちら: www.pacific.co.jp

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。