CHARITY FOR

NPO法人ジャパン・プラットフォーム

151130-pic-1

突然ですが、あなたは「プロ」と「アマチュア」がどんな点で最も違うと思いますか? プロの世界で生きる人達は、経験や知識に裏打ちされた判断を下し、問題を解決し続けています。

そもそもプロ、というとスポーツを想像しがちですが、プロが活躍する世界は、医療、教育、ビジネス、そして「人道支援」にもプロがいます。

人道支援とは、災害や紛争など自分の意志とは関係ない理由により、生命や人間らしい生活を送れなくなっている人に対して、支援の手を差し伸べること。個人のボランティアも必要な場面はありますが、特に災害や紛争時などの緊急性を要する人道支援については、プロでなければ届けられない支援がそこにあります。

東日本大震災発生3時間で出動を決め、翌日には現地へ

151130-pic-2

(ネパールのカトマンズ北西で起こった大地震の被災地へ入るJPFスタッフ)

今週のチャリティーは、NPO法人ジャパン・プラットフォーム。日本発の人道支援団体として、経済界・政府とNGOを繋ぐプラットフォームの役割を果たし、2000年発足以来、1100事業以上、40以上の国・地域を対象に人道支援の実績を重ねてきました。

ジャパン・プラットフォームのミッションのひとつに、NGO活動のあるべき姿の実現に向けて、国内外で中心的な役割を担う、というものがあり、現在もそれぞれに強みや専門性を持つ47ものNGO/NPOが加盟し協働して活動を続けています。

彼らの活動の凄さがわかる事例の一つに、2011年の東日本大震災の対応があります。なんと彼らは、地震発生後3時間以内に出動を決定。翌日にはジャパン・プラットフォーム事務局とNGOが現場に入り、ニーズを調査していました。その後、企業との迅速な連携により、現地で必要な物資を届けるマッチングを実施したり、現地で活動するNGOの活動を資金助成を通じて後押ししました。

東日本大震災の発生当時、私は当時東京のオフィスで仕事をしていましたが、3時間後と言うと、津波被害の状況に驚愕しながらも、オフィスの什器から散乱した書類を片付け、自分は家に帰られるのか、と心配していました頃です。そのぐらいあっという間に判断を行い、翌日には現地で活動していたとは、知りませんでした。

緊急事態のための3つの備え

「近年、各地で起こっている紛争は複雑化・長期化し、自然災害は増加・巨大化しています」そう語ってくれたのは、ジャパン・プラットフォームの平野さん。そんな環境の中、ジャパン・プラットフォームは、どのような活動をしているのか紹介していきます。

1つ目は、支援能力の強化。基本的なものは、緊急時の初動調査や対応を速やかに行うための人材・資金・資材等のスタンバイ体制の構築です。

151130-pic-3

(国際機関との支援物資備蓄に関する契約)

2つ目は、研修事業などの企画・実施。加盟しているNGOの能力を強化し、国際社会とともにプロフェッショナルとして支援活動を実施していく知識やスキルをアップデートし続けています。

151130-pic-4

(NGO能力強化研修の様子)

3つ目は、支援機関同士の連携体制の構築。現地ニーズに即した効果的な支援プログラムを実施するため、加盟NGOの支援活動がスムースかつ効果的に実施できるようになるため、企業や国際機関との連携、支援地の行政機関との調整なども不可欠であり、ジャパン・プラットフォームが中心となり、情報交換を行っています。

今週、皆さんからお預かりするチャリティーは、緊急事態に迅速で効果的に対応できるよう、日頃の備えを進めるための費用として使われます。

風化する災害の記憶。起きてからではなく、起きる前に私たちに何が出来るのか

ジャパン・プラットフォームは、2000年に設立。今年で活動開始から15周年目の節目を迎えています。この15年間、台風、大雨、地震など、私たちは幾度も大きな紛争に見舞われてきました。しかし、残念ながら災害の記憶は、少しづつ風化していきます。

そんな中でも、時間が経っても風化しない、むしろ進化を続けるものがあります。それは、人道支援団体がいざというときにきちんと機能するためのスキル、ノウハウ、ネットワーク。あなたのチャリティーで、緊急事態のために備えるプロ、ジャパン・プラットフォームの活動を後押ししてみませんか?

TEXT BY KEIGO TAKAHASHI

151130-pic-5

(支援者の笑顔)

基本情報

法人名:特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
活 動:東京に事務所を構え、厳しい環境にある被災地、紛争地への緊急支援をする仕組みを作る非営利法人。
住 所:東京都千代田区麹町3-6-5 麹町GN安田ビル 4F
H P:http://www.japanplatform.org/

NGO/NPO担当者からのメッセージ(チャリティーの入金報告)

【 THANKS MESSAGE 】NPO法人ジャパンプラットホームから御礼とメッセージ JAMMIN | Social Wear Brand

logo-pckk

SNSでシェアするだけで、協賛企業より10円が今週のチャリティー先団体へ届けられます!
Let’s 拡散でチャリティーを盛り上げよう!

<協賛企業について>
「未来をつくるプロデューサー」パシフィックコンサルタンツ株式会社。
60年の歴史と1,600人を超えるプロフェッショナルが、地域や社会の未来に貢献しています。
会社ホームページはこちら: www.pacific.co.jp

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。