CHARITY FOR

公益財団法人プラン・ジャパン

151005-10-2

みなさんはマララ・ユスフザイさんをご存知ですか?

彼女は現在18歳のパキスタン人。わずか11歳のときから女性への教育を反対するタリバンというイスラム過激派の活動を批判し、教育の大切さを訴え続けてきました。

命の危険にさらされながらも彼女は屈することなく、現在も女性の教育の必要性を世界中に発信しています。

そして、彼女は2014年10月にノーベル平和賞を受賞するなど、彼女の勇気ある行動は世界中の女性を魅了しました。

私(著者)自身もその中の1人です。

私は彼女に「女の子」という理由で出来ないことはない、と教えられました。

途上国の女の子たちの現実

151005-10-1

しかし、悲しいことに世界を見てみると、未だに「女の子だから」という理由で苦しんでいる女の子達が数多くいるのが現状です。

例えば、「稼ぎ手として期待できない」「ダウリー(結婚持参金)が家計に負担」という理由で中絶されたり、病気を治療してもらえなかったりします。

他にも男の子は学校に行く一方、女の子は水汲み、食事の支度などの家事をするために、学校に行かせてもらえないこともあります。

また、古い慣習から10代で結婚させられて、教育の機会を奪われるだけでなく、幼いうちの妊娠・出産を強いられた結果、命を落としてしまうこともあるのです。

日本で暮らしていると当たり前のことが、国を越えると当たり前じゃなくなる。

「女の子」という理由だけで、こんなにも苦しい目に遭うなんて悲しいですよね。

世界中の400万人の女の子へ教育という名の“羽”を届ける

151005-10-3

今週のチャリティーは、「途上国の女の子」にフォーカスし支援を行っている公益財団法人プラン・ジャパン。プラン・ジャパンは国際NGOプランの日本支部として、様々な女の子への支援活動を行っています。

国際NGOプランは、Because I am a Girlキャンペーンと名付けたグローバルキャンペーンを展開。女性であるために様々な困難に直面する途上国の女の子たちの問題を訴え、彼女たちが「生きていく力」を身に付け、途上国の貧困が軽減されることを目指しています。

そんな中、プラン・ジャパンではインド、ジンバブエ、カンボジア、ウガンダ、コロンビアにおいて、女の子たちが勉強を続けられる環境を整備。また、安定した職を得て経済的に自立し、社会において地位を確立したりできるよう5つのプロジェクトを実施し支援を呼びかけています。

寄付をする|寄付・参加する|プラン・ジャパン

Because I am a Girlキャンペーンでは、2017年6月までに400万人の女の子を支援することをゴールの一つとし、既に2014年6月までに合計約300万人もの女の子に支援を届けています。

今週のチャリティーは、Because I am a Girlキャンペーンで実施中の5つのプロジェクトのための活動資金として使われます。

1週間限定デザインでは”羽”がモチーフになっています。これは教育という”羽”が、女の子を苦しみから解放してくれるという意味を込めています。

デザインも意味も素敵ですよね!

わたしたちにできること

冒頭でご紹介した、教育の大切さを訴えるマララ・ユフスザイさんのスピーチに次のようなものがあります。

「ペンは剣よりも強し」ということわざがあります。これは真実です。過激派は本とペンを恐れます。教育の力が彼らを恐れさせます。

マララさん タリバン銃撃乗り越え国連演説全文「1人の子ども、1人の教師、1冊の本、1本のペンでも世界を変えられる」

この言葉の通り教育が女の子を救い、女の子を輝かせることができるのです。

そして、今週10月11日(日)は国連で定められた「国際ガールズ・デー」。制定にあたっては国際NGOプランがBecause I am a Girlキャンペーンの一環として国連に働きかけてきました。

この日は、世界各地で女の子に教育を届ける大切さや、女の子の可能性について考えるイベント等が行われています。

今週のチャリティーでは、あなたの“ほんの少しの想い”で女の子が教育を受けられるようになります。あなたの力で女の子に教育という名の”羽”を届けてみませんか?

TEXT BY MARI KOSHIMURA(FROM E-EDUCATION)

151005-10-5

基本情報

法人名:公益財団法人プラン・ジャパン
活 動:東京に事務所を構え、途上国50カ国の子どもたちを支援し、子どもたちが持つ能力や可能性を十分に発揮できる地域づくりを目指す非営利法人。
住 所:東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル10F・11F
H P:http://www.plan-japan.org

NGO/NPO担当者からのメッセージ(チャリティーの入金報告)

GIFTED ¥32,200 CHARITY 公益社団法人プラン・ジャパン(10/5〜10/11) JAMMIN | Social Wear Brand

logo-pckk

SNSでシェアするだけで、協賛企業より10円が今週のチャリティー先団体へ届けられます!
Let’s 拡散でチャリティーを盛り上げよう!

<協賛企業について>
「未来をつくるプロデューサー」パシフィックコンサルタンツ株式会社。
60年の歴史と1,600人を超えるプロフェッショナルが、地域や社会の未来に貢献しています。
会社ホームページはこちら: www.pacific.co.jp

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。