KEIGO TAKAHASHI

CO-FOUNDER

1983年名古屋生まれ。名古屋工業大学在学時に、ラッパーのJay-Zが行っていた社会貢献活動に衝撃を受け、一生の仕事にしようと決意。開発コンサルタントであるパシフィックコンサルタンツへ入社後、日本国内の上下水道計画、東アジア地域の水道開発計画に従事。会社の同期だった西田とともに、2013年JAMMINを設立。

ラッパー・Jay-Zの社会貢献活動を目にしたのがすべての始まり

JAMMINは京都の会社ですが、ここはパートナーである西田の地元。私自身は、生まれも育ちも名古屋の生粋の名古屋人です。

大きな建造物が作りたい!と大学では理系に進み、土木を専攻していましたが、正直、具体的にどんな仕事がしたいとか、こういうことに携わってみたいとか、明確な目標はありませんでした。

そんなある日、ラッパーのJay-Zが発展途上国で井戸を掘る番組をたまたま目にして衝撃を受けました。Jay-Zみたいに、地位も富も名声もある大御所のラッパーがそのような活動をしていたのもそうですが、番組の中で水が湧き出たときの子供たちの笑顔を見たとき、こんなに人に喜んでもらえることがあるんだ!と衝撃を受けました。

「自分がこれまで専攻してきた土木の知識はこのためにあったんだ」とすごく自分の中で腑に落ちて、社会を良くする仕事に興味を持ち始めました。

当時、自分の周りに途上国の問題を研究したり、途上国を訪れて活動したりしている人もいませんでした。まずは自分の培ってきた土木の技術を生かして社会問題に貢献できる仕事に就こうと考えて開発コンサル会社に就職しました。そこで同期だったのが西田です。

(コンサル時代の1枚。中国での水道プロジェクトの調査団。)

やりたかった「社会貢献」を見失いかけたコンサル時代

社会人になって半年後ぐらいから、西田やほかの仲間と勉強会を開くようになりました。自分たちが世の中をよくするためにできることは何か、毎週それぞれが課題について考えてきたことを発表し合う。退職するまで4年間ほど、毎週ずっと続けてやってましたね。

(部屋の壁一面ホワイトボードで議論に明け暮れた勉強会。)

当時「社会起業家」がブームになっていて、社会貢献ができてなおかつみんなが幸せになれるビジネスモデルを構築している人や団体の情報をいろんなところで目にしました。

「自分たちでもできることを始めよう」という話はずっとありましたが、仕事をしながら社会貢献を目指すのか、仕事を辞めて完全にそれ一本でやっていくのか、見えないまま時間が過ぎていきました。

コンサルタントとしての仕事は、問題を抱えている個々人に対してではなく「街全体をよくする」とか「国全体をよくする」という案件がほとんど。その規模の大きさに喜びややりがいを見出していた反面、僕にとってはあまりにも対象が大きすぎて、手応えを感じ切れないところがあった。

どんな人のために仕事をしているのか。誰の笑顔が見たいのか。そんなことを思いながら、JAY-Zの動画で見たようなあの子供達の笑顔を見たい、もっとダイレクトに社会問題とかかわりたい、そんな悶々とした気持ちを抱えていました。

いざブランド立ち上げ。最初は苦労の連続だった

ある日、いつもの勉強会で西田が突如「俺は会社を辞める。辞めてアパレルブランドを立ち上げる」と宣言しました(笑)。僕自身も会社にずっといるつもりは無かったので、チャンスだと思いましたね。

ただ、自分自身の腹は決まっていましたが、家族のことは頭をよぎりました。嫁もいましたし、待遇もいい業界大手の会社を辞めて新しいことをはじめることに迷いがなかったかと言われたら、嘘になります。

まあ、最後は相方の西田を信じて、一緒にチャレンジしようと。同じ志を持ち、ずっと話をしてきた仲間とだったら、しんどくても何とかなるだろうと最後の判断は「エイヤー」でした(笑)。あと、ここで行動しなかったら一生何もしないで終わるかもしれない、そんな危機感もありました。その後、家族を何とか説得し、先に辞めた西田を追うかたちで辞職、2013年11月に一緒にJAMMINを立ち上げました。

実際初めてみると、最初は苦労の連続でした。アパレルに関しては僕も西田もまったくの素人。工場に何度も足を運び、1から勉強させてもらいました。

今でこそ毎週いろんなNGO/NPO様に声をかけていただくようになりましたが、最初は「誰や?お前らは」という感じでした(笑)。JAMMINの企画を提案しても断られることも多く、パワーポイントの資料を持っていろんな団体さんを巡り「こんなことがやりたいんです」と伝え続ける日々が続きました。

そんな中、同じ京都で国際協力のNPO活動をされているテラ・ルネッサンスさんとご一緒できたことが、大きな突破口になってくれたと思います。他の団体さんも「テラ・ルネッサンスさんがやるならうちもやろう!」と言ってくれるようになったんです。テラ・ルネッサンスさんをはじめ、創業当初にお仕事をさせていただいた方々には、リスクをとってJAMMINとお仕事をしていただいたことに今でも本当に感謝しています。

(NPO法人テラ・ルネッサンスのオフィスにて担当してくださった栗田さんと、京都新聞の大西さんとJAMMIN第一弾Tシャツ)

「良い循環」を作るのがJAMMINの使命

今でも多くのNGO/NPO様と関わらせてもらっているのですが、皆さん本当に素晴らしい活動をされています。自分の問題意識を形にして、解決に向けて動き続ける。なかなか出来ることじゃないといつも思います。

最近では、東日本大震災を契機に、社会のために何かしたい!と考える人が増えています。ただ、NGO/NPOへのボランティアや寄付を自分で探して選ぶのは大変ですし、何だか胡散臭いイメージを持っている人もまだ多いと思うんですね。だからこそ、JAMMINのようにチャリティー+αのしくみを通して「気軽で」「楽しい」社会貢献のきっかけができればと思います。

(初期にコラボレーションしたNPO法人D×Pの入谷さん(左)とアーティストを目指している高校生ケンジ(中)と打ち合わせの風景。これまで本当に多くの方と一緒にお仕事させていただきました。ありがとうございます!)



MEMBER

JAMMINのメンバーを詳しくご紹介しています。各メンバーページをご覧ください。

TAICHI NISHIDA

CO-FOUNDER

READ MORE

KEIGO TAKAHASHI

CO-FOUNDER

READ MORE

AKIHIRO HIDAKA

DESIGNER

READ MORE

MEGUMI YAMAMOTO

CONTENT EDITOR

READ MORE

MUGI

MORALE BOOSTER

READ MORE

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。