【THIS WEEK】NPO法人APLA

2016.5.30 | CATEGORY :BRAND NEWS

02pr 160530 750

フィリピンで農業を志す若者を支援するAPLAのコラボが、1週間限定でスタート

私たちの暮らしに欠かせない食材「バナナ」。日本での自給率はほぼゼロ、フィリピンからの輸入にその約9割を依存しています。

そして、産地のフィリピンでは、外資系企業によるプランテーションによって「塀のない牢屋」と呼ばれるほど、過酷な労働環境でバナナが作られていた歴史があります。

そんな中、新しい動きが「砂糖の島」こと、フィリピン・ネグロスで始まっています。その取り組みについて、今週は特集しています。

JAMMINが見たNGO/NPOのココが「いいね!」

私たちの暮らしの中で「作り手がわかる食べ物」も、手軽に手に入れられるようになってきました。

しかし、輸入食材の場合、情報が不足し「作り手」まで意識されることは多くありません。

皆さんの暮らしの中にある、食べ物について改めて考えるきっかけになって欲しい─、そんな想いを込めて今週のキャンペーンを実施。

5月30日(月)から6月5日(日)まで、全商品の購入代金のうち、1商品あたり700円をフィリピンでの農民学校の活動費用としてチャリティーいたします。

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。