DIARY

GIFTED ¥60,900 CHARITY NPO法人しあわせなみだ(3/30〜4/5)

2015.6.26 | CATEGORY :PAST CHARITY

150626 00

毎週チャリティー・キャンペーンを展開するJAMMIN。過去に販売したアイテムのチャリティー入金にあわせて、入金先のNGO/NPOの担当者さまからのメッセージを一緒にご紹介しています。アイテムを購入した皆さんや活動をもっと知りたい方は、団体のホームページやfacebookなど、是非チェックしてみてください。

今週のメッセージ紹介はNPO法人しあわせなみだ

150626 01

氏名:中野宏美
役職:代表
略歴:1977年東京生まれ。東洋大学大学院社会学研究科修了。社会福祉士。
友人がDVに遭ったことをきっかけに、できることから始めようと決意。「2047年までに性暴力をゼロにする」ことを目指して、2009年「しあわせなみだ」を立ち上げる。2011年にNPO法人化。
現在は、性暴力等に遭った方を応援する【Cheering Tears】、性暴力等に遭った方を美容の力で輝かせる【Beautiful Tears】、性暴力ゼロを実現するために社会に働きかける【Revolutionary Tears】を展開。
2011年女性デープレゼンコンテスト「女性デー特別賞」受賞。2013年度東京都「性と自殺念慮調査委員会」委員。

最近の活動

150626 02

(システム打ち合わせの様子。左端は過去にJAMMINでチャリティーを行ったこともある若者の自殺防止に取り組むOVAの伊藤氏。)

インターネットを活用した性暴力被害者支援情報マッチング事業を立ち上げました。内閣府の調査では、異性から無理やりに性交された女性の67.9%は、誰にも相談していません。一人でできるインターネットで情報を検索します。しかし、適切な検索用語が分からず、また支援機関がSEO対応をしていないため、表示されるサイトの大半は、アダルト関連です。適切な情報を得られないことが、性感染症、妊娠、精神疾患等、さらなる被害の拡大につながっています。

そこで、性暴力被害に遭った方が、インターネットで性暴力被害関連の用語を検索すると、支援機関の情報を掲載したページのURLが、リスティング広告として表示される仕組みを構築しました。この事業により、性暴力被害者が迅速に支援情報を入手できることで、支援団体と繋がり、心身の回復を早めることができます。また性暴力被害者支援情報がリスティング広告として表示されることで、性暴力被害の普及啓発にもつながります。

チャリティーの使途

購入した皆様から預かったチャリティーは、この性暴力被害者支援情報マッチング事業の経費として、大切に使わせて頂きます。

150626 03

最新ニュースの発信

最新情報はウェブサイト、メールニュース、ブログで配信しております。
HP:http://shiawasenamida.org/
メールニュース登録:http://shiawasenamida.org/m07_03
しあわせなみだのブログ:http://blog.canpan.info/shiawasenamida/

購入者の方へのメッセージ

私たちは「2047年までに性暴力をゼロにする」ことを目指して活動しています。女性の13人に1人は、異性から無理矢理性行された経験があります(内閣府「「男女間における暴力に関する調査」」)、学生時代のクラスのメンバーを思い浮かべてみてください。そのうち2~3人は、性暴力を経験していることになります。性暴力は、珍しいことではありません。あなたのすぐそばに、性暴力を経験した人がいます。あなたが性暴力を経験した方に寄り添ってくれたら、とても嬉しいです。

関連リンク

「あなたは悪くない」過去に性暴力被害に遭った方からのメッセージをご紹介 JAMMIN | Social Wear Brand

FOLLOW US

毎週のチャリティー情報や新作アイテムの入荷や、お得なお知らせなど、最新情報を定期的にお届けしています。